2013年12月05日

鶏一羽丸ごと料理

NHKから取材の依頼がありました。「鶏丸ごと料理している方いらっしゃいませんか?」何人か思い当たりましたが、今回は以前もイベントで鶏をさばいてくださった、都野地区のみつわ会の方々にお願いしました。

鶏料理1.jpg
昨夜鶏の様子は撮影をしたとのことで、今朝はこのきれいに毛をむしった状態から始まりました。


鶏料理2.jpg
大きい雄鶏だったので、相当力が必要だったようです。2人であるときは引っ張ったりしながらの格闘でした。


鶏料理3.jpg
撮影中ですが、真剣そのもの。緊張もあったのかも知れませんが、無言の2人でした。


鶏料理5.jpg
並べてみるとこんなにきれい。腸の部分は除きましたが、すべてを丸ごとお料理していきます。


鶏料理4.jpg
撮影が一段落してホッとした中、皆さんチーズ!地域の力を感じました。でも撮影はまだまだ続きます。


鶏料理6.jpg
今は具を炒めて味付けしてから炊いていくことが多い鶏飯。でも以前は米とごぼうと鶏肉の生、そして鶏ガラを一緒に入れ、調味料を加えて炊いていたそうです。”おいしくな〜れ!”


ひと休みの昼食も地域の皆さんが準備をしてくださり、それがまたお御馳走でした。

鶏料理12.jpg
こちらはぜんまいの炒め煮。

鶏料理13.jpg
郷土料理の合いまぜ。

鶏料理14.jpg
お漬け物もいろいろ取り揃えてくださっています。


午後から藤先生がお見えになって、さらに撮影には熱が入りました。
さて、すべてのお料理ができあがり、撮影が終わる頃にはすっかり暗くなってしまいました。

鶏料理7.jpg
鶏飯。新米だったので少し水加減を失敗したと悔やんでいましたが、鶏ガラの出汁が効いて美味しく炊けました。


鶏料理8.jpg
鶏ごぼう汁。鶏とごぼうだけのシンプルなお汁をよくいただきますが、この日は肉厚の干し椎茸、手づくりこんにゃくなどが入って具だくさん、また美味しくなりました。


鶏料理9.jpg
藤先生のアレンジ、お餅と春菊を入れてお雑煮です。以前はこの汁は年末にも作られ、年越しそば、そしてお雑煮にも利用していたそうです。本当におそばにもお餅にもぴったり。


鶏料理10.jpg
肝煮も先生のアレンジで焼き鳥風になりました。


鶏料理11.jpg
こうやって伝え残していく大切なものがあります。


どう伝わるかわかりませんが、放送は明日よる8時。NHK「きん☆すた」をご覧になってくださいね!

posted by たかちゃん at 23:40| Comment(2) | 日記

2013年12月03日

冬のピアノコンサート

竹田での災害復興と地域活性化の願いを込めて始まった、”冬の竹楽”といった感じの”竹ほたる”。12月7日〜1月26日の期間、冬の城下町を優しく灯します。
http://www.taketan.jp/topics/detail/91

今年のピアノコンサートは「こころの灯りをピアノで紡ぐ冬コンサート」と題して、ちょうどその期間中に開催します。今回の会場は、”旧岡藩御用達”と和菓子の歴史を感じさせる但馬屋さんの新館の会場で開催することになったので、但馬屋さんのお菓子を楽しんでいただけます。
”森のピアニスト”重松壮一郎さんが、やさしい音の灯火で冬を奏でるコンサートへどうぞ足をお運びください。

と き  平成25年12月14日(土)
     開場 17:30 開演 18:00
ところ  但馬屋新館2階 アラヤサーラ(電話1(プッシュホン)0974-63-1811)
料 金  予約 2,000円 当日 2,500円

詳細はこちらをご覧ください。
http://www.livingthings.org/

フライヤー.jpg
posted by たかちゃん at 23:31| Comment(0) | 日記

2013年11月30日

竹楽2013

報告が遅くなりましたが、今年も竹田の最大のイベント”竹楽”はお天気にも恵まれ、3日間で104,000人もの方々に足を運んでいただいたようです。
毎年好評をいただいているワインバーは2日間だけでしたが、カフェとして手伝ってくれた友人たち〜hasuhaのるびさん、アヤカキッチンの佐野ファミリー、イギリスからのYuri, Lucyさんとともに、おかげさまで楽しく開催することができました。


2013竹楽1.jpg
自分自身はあまり見に行くことはできませんでしたが、各所の竹灯籠の並びにも毎年変化があって、その評価を皆さんに教えていただくことも楽しみの一つです。


2013竹楽2.jpg
蔵の中は今年も鈴木靖将先生の万葉の絵とともに楽しめる空間となりました。足を運んでいただいた皆さま、ありがとうございました。例年になく暖かで過ごしやすかったので、外のテラスもたくさんの方に利用していただけました。


posted by たかちゃん at 23:44| Comment(1) | 日記

2013年11月28日

郷土料理2

引き続き、以前試作をレポートした、山本照子さんのそばうちです。
緊張するかもとおっしゃっていましたが、心配ご無用、身についた技をしっかりご披露してくださいました。


そばうち1.jpg
事前に生地は捏ねてきてくださっていましたが、水の合わせ方を実演してくださいました。


そばうち2.jpg
伸ばすのもお手のもの。自然に手が動くのも、もう何回も打ってきた証なのでしょう。


そばうち3.jpg
切っていくのは苦手とおっしゃいますが、この太さがこの田舎そばの美味しさにつながっています。”細いそばより絶対いいよ!”皆さんが太鼓判を押してくださいました。


そばうち4.jpg
美味しそうな試食の準備も整いました。このおそばに、鶏ごぼうの旨みが詰まったお汁をかけます。


そばうち5.jpg
こうしてご披露できるのも、菅生地区の方々のご協力は大きいです。皆さんで盛り立てていこうとする気持ちが素晴らしいしありがたいですね。


次に、集まりの席には欠かせない”お煮しめ”。名人さんは荻の高橋芳子さんです。

お煮しめ1.jpg
数種類のものを炊いていきますが、順番を考えながら1種類ずつ、でも煮汁は次々と利用しながら炊いていきます。今回は、油揚げ→椎茸→豆腐→人参→こんにゃくの順。


お煮染め.jpg
干しぜんまいは、まずはよく揉みながら乾かして作ること、そして戻すときは2晩くらいかけてしっかりアク出しをして戻し、柔らかく茹でることがポイントです。それを油で炒めて、砂糖と醤油で煮含めます。


お煮しめ3.jpg
次に難しい”こも豆腐”。先に塩をふって表面の水分を出し、味を染みやすくするのがコツ。そして焦がさないように底にクッキングペーパーを敷いて、じっくり炊き上げることです。以前は竹の皮を使ったり、便利な3吊り桶というものも使っていたそうです。


お煮しめ4.jpg
こちらも手間隙かけてじっくりがポイントのようです。


次に、椎茸寿しの古荘サヨ子さんです。

しいたけ寿し1.jpg
実は平成6年に県知事賞をとって、商品化にもなったお料理だそう。干し椎茸を戻して蒸して、塩漬けした後粕漬けしたものを乗せた軍艦巻きです。椎茸生産地ならではのレシピかもしれません。こちらも手間隙かかっています。


しいたけ寿し2.jpg
皆さんちょこっとでも体験すると、楽しみながら覚えられるからいいですね。
posted by たかちゃん at 00:40| Comment(0) | 日記

2013年11月27日

郷土料理1

先日の”地域の名人に学ぼう!郷土料理”では、いくつかの体験ができるようになっていました。
まずは”あい混ぜ”。料理教室でも人気の郷土料理です。お豆腐を使った白和えに似ていますが、中の具材にたくさんの山菜をはじめとする乾物を入れるのが特徴です。

あいまぜ1.jpg
お豆腐擂り体験。しっかり粘りが出るまで擂っていくというところがまた一般的な白和えとは違う美味しさにつながっているのでしょう。


あいまぜ2.jpg
2人で息を合わせて、右、左、右、左と交互に擂り合わせます。リズムが合わないと少し難しそうですが、2人ですることで、1人でよりも倍以上早く擂り上げることができます。


あいまぜ3.jpg
砂糖、塩、みそで味を整え、前もって炊き上げていた具材を混ぜます。今日は彩りにほうれん草を加えました。


あいまぜ4.jpg
ねっとりとして、やはり手間隙かけた味わいです。今の時期は柿を混ぜ込むとさらに美味しい。


次は”ゆでもち”。10時と3時の畑仕事の合間のおやつ”こびる”でよく食べられていました。

ゆでもち3.jpg
小麦粉を練った生地で、子どもたちはあんこを包む作業を習います。小豆あんと芋あんも手づくり。


ゆでもち2.jpg
平らに伸ばして茹でますが、上手く包めてないと、あんこが出てきて大変です。でもうまく包めなかった子も、別の生地でつぎはぎをして、うまく茹で上げることができました。


ゆでもち1.jpg
名人の佐藤邦子さん。子どもたちからは、包む作業は楽しかった!との声がたくさん聞かれました。
posted by たかちゃん at 23:55| Comment(2) | 日記

2013年11月25日

竹田市食生活改善推進協議会

竹田市での栄養改善事業に積極的にボランティアでご協力いただいているのが、全国組織である竹田市食生活改善推進協議会です。合併前のそれぞれの4市町の会ではもう30年以上、そして合併してからも9年が経過しています。
このブログでも度々取り上げさせていただいていますが、今年度の社会福祉大会では表彰を受け、さらに皆さんの活動が輝いて感じられます。
昨日は、年に一度、会主催の食のイベント。昨年度、”郷土料理大集合”という100品以上の郷土料理、家庭の味が一堂に会すイベントを行いましたが、もっとじっくり郷土料理を学びたいとの希望から、今回は11人の名人さんにじっくり学ぶ形式に変えました。”地域の名人に学ぼう!郷土料理”ということで、小学生の参加、体験コーナーも設けたりして、とても楽しく盛り上がりました。
まさに会員の皆様の力を合わせたらこんなに地域が潤う!ということを改めて実感した1日でした。せっかくなので、数回に分けてレポートしていきます。


社会福祉大会.jpg
11月9日に社会福祉功労団体として表彰を受けました。


郷土料理1.jpg
昨日は小学生30人を含め、約150人もの方々が集い、郷土料理への理解を深めました。10種類もの郷土料理の試食もたくさんできて、美味しい=楽しいにつながりますね。


郷土料理2.jpg
ご活躍いただいた11人の名人さんたち。前々からの準備、当日のデモンストレーションと大変お世話になりました。

posted by たかちゃん at 07:51| Comment(0) | 日記

2013年11月19日

2013年初冠雪

日曜日の夜から急に寒くなったと思ったら、どうやら昨日初冠雪だったらしいです。
今朝の美しい久住山。車の上にもうっすら雪が降っていました。

初冠雪2013.jpg
畑の白いものは霜でなく雪。とうとう冬がやってきた感じですね。


初冠雪2.jpg
久住山は霧氷などもきれいなのではないでしょうか。
posted by たかちゃん at 07:43| Comment(0) | 日記

2013年11月13日

竹楽

今朝は一番の冷え込みでした。
今週末は竹楽。毎年かなり冷え込みますが、冷え込んだ夜こそ、竹灯籠の灯りが美しく感じられます。
今年も友好姉妹都市とのご縁によるドイツワインを紹介するワインバー&カフェを志保屋さんの蔵でオープンしますが、私は金、土だけの予定。友人たちのご協力のもと、カフェコーナーは様々な飲み物やマクロビケーキや本場イギリスのお菓子なんかも登場する予定です。幽玄の町並みとともに食も楽しんでいただきたいと思います。

竹楽についてはこちらをチェックしてお越しくださいね。
http://www.city.taketa.oita.jp/tikuraku/


Kuju1.jpg
初冠雪にはならなかったものの、いつもより赤く染まっていた気がします。


Kuju2.jpg
一面が霜で覆われました。


Kuju4.jpg
ちっちゃく生えていたミントも凍てつきました。


Kuju3.jpg
生ゴミリサイクルを試みていた畑では、種から自然生えしたズッキーニがたくさん花を咲かせてくれましたが、可哀想な状況になってしまいました。
一足早く冬の到来です。
posted by たかちゃん at 23:38| Comment(4) | 日記

2013年11月10日

サフラン開花

今年のサフランが咲きました。例年より遅いようです。
昨日1輪だけ咲いていたのを発見。今日は1日雨模様ですが、朝ちょっとだけ薄日が射したときに一気に開花しました。


サフラン2013.jpg
とても女らしい美しさがあると思いませんか?


2013秋4.jpg
畑に植えっぱなしのものは2週間前から咲いています。やはり外の方が冷え込みがあるからですね。全く掘り返しをしていないので、小ぶりで可憐な姿です。

posted by たかちゃん at 14:52| Comment(6) | 日記

2013年10月30日

秋の深まり

秋晴れが続き、朝晩の冷え込みとともに、秋が深まってきました。

2013秋1.jpg
毎朝、久住山は朝日で赤く染まります。


2013秋2.jpg
大船山は紅葉が進んで、肉眼でも確認ができます。


2013秋4.jpg
畑に植えたサフランの花は咲き始めました。


2013秋5.jpg
稲刈りもほぼ終わり。


2013秋3.jpg
ほかの地域では少なくなったと言われる掛け干し米も、竹田ではたくさん見ることができます。干すことで、長期にわたり旨みが増すと言われています。美味しい新米ももうすぐですね。
posted by たかちゃん at 23:33| Comment(1) | 日記

ハロウィーン

明日は収穫祭、ハロウィーンです。
海外では本格的に仮装して集まるパーティや仮装行列、かぼちゃを使ったお料理やお菓子などで盛り上がりますね。
先日、竹田に若者の集いが開かれ、竹田の食材を使った料理教室を開催しました。
サフランを使ったパエリアをメインに、ハロウィーンに向けたかぼちゃの米粉クッキー作りもかなり楽しんでいただけましたよ。

出会い1.jpg
女性にとってお菓子作りは本当に楽しそうでした。一生懸命かぼちゃの皮を切って飾り付け。


出会い2.jpg
かわいい顔が並びました。焼き上がりがどうなるか、わくわくドキドキ。


出会い3.jpg
男性陣も張り切って作りました。


出会い4.jpg
色よく焼けた様々な顔のクッキー。楽しいですね。


ハロウィーン.jpg
父が育て上げたハロウィーンかぼちゃもたくさんの方々のもとに届けられました。

明日は楽しいハロウィーンを!!
posted by たかちゃん at 07:27| Comment(0) | 日記

2013年10月27日

アレルギーの方のためのレシピ

公衆栄養を担当している栄養士が隔月で集まって研修をしていますが、今月は食物アレルギーの方のためのレシピを検証しました。


アレルギー3.jpg
じゃがいもでつくるナゲットとマヨネーズ風ソース。


アレルギー2.jpg
卵、乳製品を使わないカップケーキ。


アレルギー1.jpg
このクリームは豆腐のクリームです。乳製品がダメなかた向け、お豆腐と寒天を使って。レシピはまた載せますね。
posted by たかちゃん at 23:50| Comment(1) | 日記

2013年10月20日

そば名人

来月開催する「名人に学ぼう!郷土料理」というイベントで郷土料理を教えてくださる10人の一人、山本さんと地区の皆さんのリハーサルがありました。何度か山本さんのおそばをいただいたことはありましたが、実際にうつところを見せていただくのは初めて。山本さんは、お母さんがずっとうってきたおそばをしっかりと受け継いで、自分なりに工夫を重ねて来られています。本番が楽しみです。


そば1.jpg
生地を捏ねて、少し時間を置いた方がいいと、前もって捏ねて来られた生地を麺棒でのばします。


そば2.jpg
ある程度の薄さになったら、麺棒に巻き付けていきます。


そば3.jpg
巻き付けた生地を数回まわすとさらに広がります。自然と四角になっていくところがすごい。


そば4.jpg
生地が薄くなったら、今度は折り畳んでいきます。


そば5.jpg
専用の包丁で切っていきます。切るのが一番難しそうで、実際のそば職人のように細くは切りませんが、この幅のある感じがまた歯ごたえにつながります。


そば6.jpg
たくさん打ち粉をしなければ、このようにほぐれません。見事な手さばきです。


そば9.jpg
ほぐしたら、たっぷりのお湯で茹でていきます。


そば7.jpg
”沸いてきたら水を差してできあがり”と思ったよりも早い茹で上がりです。茹で上がったらすぐにたっぷりの水で洗い、麺をしめていきます。


そば8.jpg
そばは挽きたて、うちたて、茹でたてが一番と言われていますが、その通りですね。


そば10.jpg
家のそばに突如出現したそば畑。そばは短期間の3ヶ月ほどで実になるというので、昔はいろいろな作物の裏作として植えられ食べられてきたようです。今はおそば屋さんで食べさせてもらうのが普通となっていますが、家庭で手軽につくれるという感覚を学んだ気がします。
posted by たかちゃん at 23:28| Comment(3) | 日記

2013年10月14日

久住の休日

秋晴れに恵まれた連休、久しぶりに久住でゆっくりと過ごしました。


くじゅうの休日1.jpg
秋、早朝の久住山は赤く染まります。


くじゅうの休日2.jpg
コスモスやすすきも朝日に映えます。


くじゅうの休日10.jpg
リクエストに応えていただいた赤い果実のケーキは懐かしく感激でした。


くじゅうの休日9.jpg
青果の堀田さん!?からの立派な梨と文旦が届きました。ありがとうございます!


ハローウィン.jpg
夜は週末だけのギャラリーDAR VIDAに仲間が集合。ジャンボかぼちゃがお出迎え。


くじゅうの休日4.jpg
映画では在来種や伝統的農法を守る活動や素材を生かしたお料理も登場。鑑賞しながらお腹がすいてきました。


くじゅうの休日5.jpg
待った甲斐がありました!みんなの持ち寄りで美味しそうなお料理が並び、楽しい会話とともに舌鼓。


くじゅうの休日3.jpg
美恵子さんのお誕生日のお祝いも兼ねてのパーティでしたので、葡萄とりんごを駆使してこんなケーキも焼いてみました。


くじゅうの休日8.jpg
今朝はなんと雲海が現れました。


くじゅうの休日6.jpg
牛さんたちものんびり〜。


くじゅうの休日7.jpg
大好きな大分市のお花屋さん”かもめ”さんのお花はいつも素敵、ありがとうございました。
posted by たかちゃん at 23:20| Comment(2) | 日記

2013年10月10日

地域で支える

介護予防のために直入地域で開催されているお達者クラブ。今回はボランティアでいでゆ会の方々が、昼食を作ってお接待。高齢化が進んだ地域ですが、このようなお互い支え合う活動が多いことは、皆さんが元気に過ごせる秘訣のひとつです。
血管の老化を防ぐ”血液サラサラ”のポイントは”オサカナスキヤネ”食。クイズとしてお出ししました。
さて、何でしょう?


お達者2.jpg
今回は5人で30人分の昼食作り。皆さん笑顔で作ってくださいました。


お達者1.jpg
”認知症予防のための献立”ということで、血液サラサラや抗酸化のための食品を意識して取り入れています。前回学習会で予行練習をしたときの写真ですので、実際にお出しした献立に+αとなっていてすごいボリュームです。


さて、クイズの答えは オ=お茶、サ=魚、カ=海藻、ナ=納豆、ス=酢(大分ではカボス)、キ=きのこ、ヤ=野菜、ネ=ネギ ということで、日本人が昔から摂ってきた食品ばかり。伝統食の力を忘れないようにしたいですね。
posted by たかちゃん at 23:51| Comment(0) | 日記

2013年10月06日

葡萄で料理

井上さんの葡萄の宝石たちと出会ってからというもの、葡萄のケーキはよく作りますが、お料理にはお肉の煮込み料理くらいにしか使ったことはありませんでした。今回、アイデアをいただき、初挑戦してみました。


ぶどう料理1.jpg
前菜に葡萄の白和え。明石さんちのお豆腐をいただいたので、みりんとお塩だけで十分美味しい白和えになりました。豆腐の風味と3種類の葡萄の甘さ、酸味がマッチします。


ぶどう料理2.jpg
こちらは豚のしゃぶ肉で葡萄をくるみ小麦粉をまぶし、まずは油で焼いて....葡萄の表面がつるつるして、お肉もちぎれてしまったりで、ちょっと雑な巻きでした。赤いのは試しにやってみたミニトマト、こちらも美味しかったです。


ぶどう料理3.jpg
玉ねぎ、ピーマン、干し椎茸などとともに酢豚風に仕上げました。熱々で食べると、葡萄の果汁が飛び出して、猫舌の私は大変なことになりました。


ぶどう料理4.jpg
こちらはよく焼くケーキ。皮のままの葡萄がいい味を出してくれます。


ぶどう料理5.jpg
新バージョン、ココナッツを加えてみました。木こり弁当の空き箱再利用バージョンです。木ののこぎりで切ってお召し上がりください!?
posted by たかちゃん at 23:56| Comment(2) | 日記

2013年09月30日

アンテナキッチンE

アンテナキッチンも今回で6回目。テーマはかぼちゃとなすです。
段々皆さんに知れ渡ってきて、参加人数も多くなり賑わいました。


アンテナ6−1.jpg
品数も量も多かったのですが、人数も多かったので、お料理が次から次に仕上がっていきました。


アンテナ6−4.jpg
以前有名なシェフからお料理を学んでいたという加口さん。毎回数種類のメニューを提供してくださいます。


アンテナ6−3.jpg
今回から大皿盛りにしたところ、非常に見栄えがして大正解。オムレツ、コロッケ、ピクルス、炒め煮などなど美しく並びました。


アンテナ6−2.jpg
ご馳走を前に皆さんわくわく。かなりのボリュームだったので、お家の方へのいいお土産となったようです。

秋は農家の方がお忙しいので、次回開催は11月末となりそうです。

posted by たかちゃん at 23:52| Comment(0) | 日記

フェアツーリズム

竹田市で”フェアツーリズム国際大会”が開催されました。昨年韓国で第一回目の国際大会が開催され、日本では初めての開催となった今大会。
フェアトレードなどで使う「公正・公平な」という意味の「フェア」を観光にあてはめ、観光客にとっても受け入れ側にとっても有益な旅の形をめざすのがフェアツーリズムだそうです。
韓国で始まり、日本でも広まりつつあるこの考え方をいち早く取り入れ、竹田市らしい観光・交流の実現を目指し、9月25日に全体会・パネルディスカッション等が行われ、26日には市内各地で分科会が行われました。

私は急遽ピンチヒッターで、食の分科会のお手伝いをさせていただきました。

フェアツーリズム3.jpg
講師は熊本県人吉の”ひまわり亭”主宰の本田節さん。竹田で県の食育事業を受けていたときに来ていただいたことがあり、ひまわり亭にはその後も度々訪れています。
地域の食材をうまく利用する知恵や技が飛び交う料理教室となりました。


フェアツーリズム2.jpg
韓国からの男性陣には、チヂミを作ってもらいました。珍しいかぼちゃのチヂミとニラのチヂミです。


フェアツーリズム1.jpg
通訳の方にはついてもらっていましたが、一緒にお料理をするということが、一番仲良くなる方法のようです。


フェアツーリズム4.jpg
1時間で作り上げたご馳走を囲んで、さらに親睦が深まりました。食事後の意見交換会では、言葉や文化を超えての交流について話し合いました。
やはり、おもてなしの心につきますね。そして改めて交流に果たす食の役割の大きさ、素晴らしさを感じました。

posted by たかちゃん at 00:27| Comment(0) | 日記

2013年09月29日

秋の風景

金曜日までは秋晴れの日々が続いていました。
昼間は結構暑くなっていましたが、それでも涼しい風が吹き、もう残暑といった感じではありません。
夜は12℃まで下がり、既に毛布なしには眠れません。

コスモスと山2013.jpg
今年もコスモスが咲き乱れています。


彼岸花.jpg
彼岸花もそろそろ終わり。黄金に輝く田んぼも、稲刈りが始まっています。


昨日は第30回竹田薪能の開催日でしたが、あいにく朝からどんより。
薪能2013-2.jpg
五代目の岡藩主、中川久通公が彫らせたという三日月岩に、無事点灯されてしばらくは雨ももってくれましたが....。


薪能2013-2.jpg
途中から雨が降り出し皆さんカッパを着用しての鑑賞となりました。舞台にはお囃子の方々のためにはテントが立てられましたが、舞われた方々は大変だったことと思います。それでも幽玄の世界を充分味わえました。ありがとうございました。


今日は雨が上がりました。この舞台を利用して、今からイザベル音楽祭が開催されます。
音楽、アート、食などが大集合。皆さん足をお運びくださいね。
posted by たかちゃん at 12:20| Comment(2) | 日記

2013年09月25日

葡萄は宝石

音楽繋がりで出会った井上さん。イギリスを通してのご縁もあり、毎年宝石のようなキラキラ美しい葡萄をいただいています。今回、久しぶりに伊万里の葡萄園を訪問させていただきました。


井上さん4.jpg
土作りをしっかりされて美しい敷地に、おいしい葡萄を50品種も作っていらっしゃいます。シャクシャクと皮が食べられるヨーロッパ系の葡萄も多いのですが、こちら可愛いピンク色の”エンジェルハート”、井上さんのオリジナル種です。


井上さん2.jpg
生は初めて見ました。皮も透き通った感じがあり、この豪華さはジュエリーとかシャンデリアのようにも例えられる美しい葡萄”ネヘレスコール”です。


井上さん3.jpg
大人気、でもつくるのが難しいといわれる”瀬戸ジャイアンツ”。普通は摘果して普通の大きさの房にしていくそうですが、ながーく育てることに挑戦した一房。普通上の部分が甘いのですが、これは上下に差があまりないと感じました。素晴らしい技術です。


井上さん1.jpg
高校2年生のときに葡萄に出会い、そのときの感激を今も胸に43年間、愛情込めて育てていらっしゃいます。研究熱心で、葡萄の農家や生産者というより、葡萄作家、あるいは葡萄ミュージアムの館長あるいは葡萄研究所の所長と呼びたいほどの情熱の持ち主です。


井上さん5.jpg
久住にやって来た葡萄たち。自然の中がいちばん生き生きするみたい。


今年は暑さが厳しく葡萄の成長が早かったようで、そろそろ終わりの時期だそうです。
いろいろな葡萄を食べてみたい方は、来夏注文してみてくださいね。

いのうえオーチャード
電話1(プッシュホン)/FAX 0955−24−2602
佐賀県伊万里市南波多町古川
posted by たかちゃん at 00:27| Comment(0) | 日記