2016年01月25日

雪の日には

暖冬で始まった2016年。雪にも会えないかも?あるいはこんな年に限って大雪かも?いろいろな予測が飛び交う中、火曜日、そして週末の雪。九州全域にかなりの雪が降ったものの、ここ久住は期待したほどの雪には見舞われませんでした。
でも昨日一日は家に籠ってお料理やクッキー、パンづくりなどを楽しみました。

さて、2年前の大雪の日に心配されながらも開催した毎年恒例のお味噌づくり。今年は今週末、雪の心配もなさそうです。まだ明日までの申し込みを受け付けています。ご希望の方は書き込みください。


◆作る楽しみ、待つ楽しみ、食べる楽しみ、
分ける楽しみの味噌づくり
〜紫草の里・志土知の農家で双美ねえさんの心に触れる〜

◆日時:1月31日(日) 午前9時45分〜午後3時(予定)

◆会場:志土知農産加工所・佐藤さん宅
   (大分県竹田市志土知113番地
  電話:0974-66-2505)

◆講師:味噌造り歴約30年、「味噌玉」づくりの名人
    志土知農産加工所代表・佐藤双美さん
   
◆内容:お味噌づくりの後、農家の炬燵を囲んで
   家庭料理大集合(1品持ち寄りランチ)
_______________________________________________________

◇原材料
自然農栽培 米、小判大豆、黒大豆
(竹田市 河野ちよみ)
自然海塩 「手塩」
(長崎県上五島町「晴耕雨読」
小野敬 http://salt99.com/catalog.html
  笑い声!

※【米みその配合】
米糀:生大豆:自然海塩=5:2:1kg、塩分10%

※【大豆について】
岡藩門外不出の小判大豆100%で仕込む計画でしたが、収穫直前に鹿に食べられてしまいました。そこで、ちよみさんが栽培小判大豆と黒大豆を混ぜて使うことにしました。黒大豆を混ぜると、少し黒いお味噌に仕上がりますが、ぐっとコクが増します。大豆に限りがあるため、申込数量が150kgに達し次第、募集を締め切ります

◇持ち物:みそ樽(5ℓまたは10ℓ)、防寒着、
     漬物用厚手ビニール袋、エプロン、三角巾、
 家庭料理一品、双美さんへの手土産(心ばかり)
     作業しやすい服装、スニーカー

◇参加費:調整中。目安として10kg8000円、
    5kg4800円程度。確定次第、連絡します。

◇キャンセル:不可。
米麹の仕込み、大豆を煮る作業があるため。
止むを得ず出席できない場合は、申込者負担で
味噌の材料を丸めたものを宅配便で送ります。

◇申し込み方法:
 @申し込みキロ数(1口:5kg〜)
 A参加人数・参加者名(お子さまの年齢も)
 Bお住まいの市町村 
 C携帯番号 
 Dメールアドレス(パソコンから連絡できるアドレス)
 E集合方法(a)会場へ直接(b)豊肥振興局で乗り合わせ

2016雪1.jpg
昨日は一日中降り続きましたが、パウダースノーだったことと、風が強かったので、積雪は5cm程度でした。

2016雪2.jpg
でも冷え込みはさすがに−7℃くらいまで。部屋の中の窓もこんな風に美しい氷の結晶を見せてくれました。
posted by たかちゃん at 07:46| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: