2015年03月28日

たけた米粉プロジェクト

もう去っていきそうな3月。今月もいろいろな活動がありました。
〜竹田産の米粉を使って、料理の楽しさ広げましょう〜というキャッチコピーの企画は、まずは米粉の利用が安心安全で地産地消につながること、そして米粉をうまくお料理やお菓子作りに利用すると小麦粉よりヘルシーなので、その利用法を皆さんにお知らせするという目的がありましたが、単に米粉の消費を高めるというだけでなく、同時に最近市内に増えた若手料理人たちと直接会話の機会を持ってもらうことで、もっと身近に知り合ってもらいたいと始まりました。
オープンしたての店舗で実際に講座を開催してくださった桑島孝彦さんは“竹田料理男子”という看板を掲げたメンバーのひとりで、5回の講座の調整役も引き受けてもらいました。
いつも地域の栄養改善のボランティアとして活躍してくださっている食生活改善推進協議会の方々をはじめ、食に興味があったり、お料理好きの皆さんを中心に声掛けをさせていただいたところ、毎回定員を超える方々にお申し込みをいただきました。
メニューは新たに編み出してもらったレシピばかり。これらのおいしい米粉料理レシピは今後少しずつこのブログでもご紹介するとともに、ご参加いただいた方にはぜひ周囲に広げていただきたいと考えています。皆さんプロのデモンストレーションで学び、試食で味わい、楽しい時間を過ごせたようですね。そして何より交流の輪が広がりました。こんな街中での楽しみな時間が、竹田の豊かさを生み出していくとともに、こころと身体の健康づくりにも通じると感じています。
今後も食を通した楽しい出来事を創っていきたいですね!
posted by たかちゃん at 00:33| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: