2014年03月09日

竹田の食育

今日も久住では夕方雪がちらつき、気温も朝晩氷点下。まだまだ寒い日が続きますが、春は確実に近づいていますね。
しばらくゆっくりブログを書く余裕がなかったので、少し前のことから報告していこうと思います。

2月22日に開催された竹田市食育フェスタ。開場時間前からワークショップ目当てにたくさんの方々が押し寄せ、講演会も満員状態で大盛会に終えることができました。


食育フェスタ1.jpg
佐藤双美さんによる味噌玉づくりのワークショップにはたくさんの人が集まりました。


食育フェスタ2.jpg
県立芸術文化短期大学の学生さんたちも手伝ってくれました。子どもたちも味噌玉を丸めて楽しんでいました。


食育フェスタ3.jpg
こちらは河野ちよみさんによる甘酒づくりのワークショップ。皆さん甘くて美味しい甘酒をつくるためのちょっとしたコツを知りたがっていました。


食育フェスタ4.jpg
保健所による食育ゲームにも子どもたちが群がっていました。


食育フェスタ5.jpg
魚釣りの要領でいろんなものを釣って楽しみます。


食育フェスタ10.jpg
たけた食ネットワークのとうきびの郷すごうさんと、かりんさん、ジャム暦さんが地元の食材で作った美味しいものを販売してくれました。


食育フェスタ7.jpg
竹田南高校の生徒さん3人による食行く活動報告。コンテストに出品するのに試行錯誤を重ねたこと、クリスマスに全校生徒にケーキを作って配布したこと、そして最後にジュースに含まれる砂糖の量の多さに気付き、みんなに知って欲しいと語りかけました。立派な発表と、地元の高校でこんな活動がされていることに感心の声が寄せられました。


食育フェスタ8.jpg
食生活改善推進協議会の松村会長による郷土料理への取り組み報告。今後もさらに伝承していく計画です。


食育フェスタ9.jpg
”自炊塾”、”いのちの授業”などユニークな講座で注目されている九州大学の比良松先生のご講演。食べるものについてだけでなく、誰と食べるか、どう食べるかなど食べ方についても考えていくことが必要だということに皆さん納得されていました。

posted by たかちゃん at 23:54| Comment(0) | 日記