2014年01月31日

国際料理教室

竹田市がドイツのバートクロツィンゲンと姉妹都市である関係で、竹田市にはドイツからの国際交流員がいます。現在はクラウディアという女性ですが、ドイツ語講座だけでなく、英会話のサークルや映画鑑賞会なんかも企画してくれています。そして毎月好評なのが、国際料理教室。各国料理を一緒に作って味わおうというもので、ドイツ料理だけでなくいろいろなものに取り組んでいます。今回偶然に通りかかり、運良く試食させていただきました。あまりのタイミングの良さにと皆さんのご厚意に感謝。


アフリカ料理1.jpg
今回は”南アフリカ料理”。見たことも聞いたことも食べたこともない料理に、レシピだけを頼りに挑戦するのは、結構勇気が要りますよね。


アフリカ料理2.jpg
こちらが”ボボティ”。挽肉、そしてドライフルーツやナッツ、スパイスをふんだんに使ったオーブン焼きです。添えている”イエローライス”はレーズン、シナモン、さらにはお砂糖も入れて炊き上げたご飯。とっても甘くて不思議な感じでした。アジア以外の国で、デザートじゃないのにご飯を甘くして食べる国があったとは驚きで、貴重な経験でした。

来月は本格マカロンを作るそうです。興味のある方は竹田市商工観光課へお問い合わせくださいね。
posted by たかちゃん at 23:06| Comment(0) | 日記

2014年01月30日

魚料理

地域で食のボランティアをしてくださる方を養成する講座では、年に一度、魚料理をプロの料理人から学ぶ機会を持っています。今回も竹田の街中魚町にある友修さんのオーナーに来ていただきました。
魚料理が健康によい、特に血液サラサラ効果で動脈硬化を防ぐということは知られていますが、竹田市は海から遠いとか料理が面倒だという理由で、特に若い人には魚離れが進んでいる様子も感じられるので、魚に親しむよいチャンスでもあります。


魚料理1.jpg
まずは捌き方を教わります。今日の魚は鯵と鯛です。


魚料理2.jpg
こちらは”つぼ抜き”という方法で、包丁を入れることなく、お箸を差し込んでくるっと回すことで内臓を取り除く方法。


魚料理3.jpg
デモンストレーションの後は自分たちで実際に捌いてみます。見るのとするのでは大違い!結構苦戦している様子。


魚料理5.jpg
ちょっとした工夫を加えたお料理で、豪華な会席料理のようになりました。魚を余すところなく一匹丸々使い切るところがまた勉強になったようです。


魚料理4.jpg
最後は皆さんで楽しく試食。早速お魚を買って帰って家でもやってみようとやる気を覗かせていました。
posted by たかちゃん at 23:08| Comment(0) | 日記

2014年01月21日

2014お味噌造りのご案内

毎年開催している竹田市志土知でのお味噌造り。初めての方も、常連の方もふるってご参加くださいね。

【作る楽しみ、待つ楽しみ、食べる楽しみ、分ける楽しみの味噌造り
 紫草の里・志土知の農家で双美ねぇさんの心に触れる米みそ仕込】

■日時:2014年2月16日(日)9:45〜15:00(予定)
■会場:大分県竹田市志土知113番地  
     志土知農産加工所 Tel:0974-66-2505
■内 容:味噌づくりの後、農家の炬燵を囲んで
     一品持ち寄り家庭料理大集合
■原料
米糀:生大豆:塩=5:2:1の割合で、塩分10%の米味噌を仕込む
@自然農米(河野ちよみさん、竹田市)
A岡藩から門外不出といわれる、自然農栽培の「小判大豆」(同)
B小野敬「手塩」(長崎県上五島町)
志ある生産者が、心を込めて作った貴重な産物を分けて頂きます

■講師:志土知加工所代表 佐藤双美さん
     お湯に溶くだけ、簡単味噌汁ができる「味噌玉」の試食も
■持ち物:
@MYみそ樽 (5または10リットル、記名のこと)
A漬物用厚手ビニール袋 (5キロ用は10リットル、10キロ用は20リットル)
Bエプロン
C三角巾
D家庭料理一品
※防寒着、作業しやすい服装、スニーカーでお越し下さい

■お申し込みは、1月31日(金)午後5時まで
@申し込み数(5キロ以上)
A参加人数・参加者名(子供の場合は年齢も)
Bお住まいの市町村
C当日連絡がとれる携帯番号
Dメールアドレス(パソコンから連絡できるアカウント)
E集合方法:(a)会場へ直接、(b)豊肥振興局で乗り合わせ、(c)前泊 のいずれかを明記

(b)会場が分からない方へ
大分県豊肥振興局駐車場(竹田市竹田町1501-2、0974-63-1171)で乗り合わせ、9:30に出発。国道57号線のローソン天神店を左折し、 1つ目の信号を越え、右手に見える庁舎です。
駐車スペースが狭いので、なるべく乗り合わせてお越し下さい。


味噌づくり集合.jpg
毎年おとなから子どもまで、みんなで仕込むと楽しさ倍増。一品持ち寄りでいただくお昼ももう一つの楽しみです。
posted by たかちゃん at 07:42| Comment(2) | 日記

2014年01月20日

誰の足あと?

大雪だった12月とは違い、今回は気温も低くサラサラのパウダースノー。

パウダースノー.jpg
日射しにキラキラ美しいです。


あしあと.jpg
さて、誰が歩いて来たんでしょう!?
posted by たかちゃん at 23:47| Comment(0) | 日記

2014年01月07日

七草がゆ

今日は七日。七草がゆをいただいています。
セリ、ナズナ、ゴギョウ、ハコベラ、ホトケノザ、スズナ、スズシロですが、毎年家にあるお野菜を7種類入れて作っています。
今年は紫芋と一緒に炊いて、紫色に染まった玄米ごはんがあったので、ピンクのおかゆになりました。
年末に風邪を引いて痛い目にあったので、今年は風邪を引きたくないと、気合いが入った七草がゆになりました!?

七草がゆ.jpg
今年一年の無病息災を願って。

posted by たかちゃん at 07:30| Comment(2) | 日記

2014年01月05日

謹賀新年2014

あけましておめでとうございます。
かなり遅いご挨拶となってしまいました。
毎年実家の福岡に帰ってお正月を迎えるので、それだけで暖かく感じるのですが、今年は特に穏やかで暖かいお正月でした。久住に戻ると年末まで残っていた雪もすっかり融けてしまっていました。
今年は自分自身の体調管理には注意を払い、午年なのでいろいろなところにご馳走とそのココロをお届けできるといいなと思っています。
今年もどうぞよろしくお願いいたします。


teitetumaru.jpg
素敵なお正月飾りを届けていただきました。その名も「蹄鉄丸」。中山みちさんという作家さんの手づくりで、一つひとつその雰囲気は違うそうですが、その人にピッタリのものが手元に来ることになっているとか。


おせち2014.jpg
一つひとつ手間隙かかっていますが、食べるのは一瞬。それぞれに願いが込められたおせちに限らず、お料理すべてのその奥まで伝えられるといいですね。


おせち2014-2.jpg
今年は母の手づくり箸袋も一緒にお祝い。ちょっとした心遣いから温もりが伝わります。

posted by たかちゃん at 23:23| Comment(0) | 日記